施設紹介 FACILITIES

重度障害者通所施設ぶなの家アクセス

橅の家の日課

   ぶなの家は、作業所ではなく、“心身障害者の日中活動支援の場”です。
一人ひとりが主人公になれるようなとりくみを用意しています。

   身体障害、重症心身障害のある人に、一人ひとりが主人公になれるような自立と発達のための取り組みを用意し、地域の中で普通に生活していくのに必要な支援を追求し実践します。
   主な取り組みは(1)音楽、(2)陶芸など創作活動、(3)食を中心にしてパン作りなど、という3グループに分けて行っていますが、他にも様々な異なる編成を行い、多岐にわたる活動内容を提供しています。
   学区内の小学校との親密な交流や、資源回収、広報誌配布など地域の中に出て行く活動を増やし開かれた施設を目指します。
   利用者の方の特性を考慮した本人主体の考え方から休所は木・日としています。

  • 建物全景。
    建物全景。1Fに法人本部、2Fに短期入所事業所も入っています。
  • 音楽大好き。
    音楽大好き。自分の思いのままに出せる音は格別です。
  • バザー
    自主製品やボランティアの方々の手づくり品をバザーで売ります。
    自作の品が売れるのはとっても嬉しい!

施設概要

施設種別 生活介護事業所
設置主体
運営主体
社会福祉法人ぶなの森
施設長 中井香代子
定員 20名
開設 平成18年4月1日
(開設時、知的障害者通所更生施設。平成19年4月、新法生活介護に移行)
職員 施設長、生活支援員、看護師、事務員、栄養士、属託医、属託PT、属託OT
敷地 法人所有 1468.96㎡
建物 鉄筋コンクリート造2階建 686.60㎡
設備 活動室3、食堂兼多目的ホール、事務室、会議室、相談室、医務室、厨房、浴室、印刷室、倉庫。2階に単独型短期入所事業用施設併設。別棟木造活動室(105.6㎡)

施設内容

施設開設日 月・火・水・金・土曜日(木・日曜日・祝日休み)
とりくみ内容 生活学習、陶芸、パンづくり、音楽、文化レクリエーション活動等
利用者の状況 障害程度区分5:1名、6:21名
医療ケアの必要な方 :6名(発作、投薬以外で)
PAGE TOP